バラの種類について

切り花用の薔薇は大きく3つに分類されます。

販売されている切りバラは、「スタンダードローズ」「スプレーローズ」「マイクロローズ」の3種類に分類されます。
イングリッシュローズやオールドローズといわれる古代バラの系統が特に香りが強いと言われていますが、最近では品種改良により、スタンダードローズやスプレーローズでも香り高いのバラが作出されています。

スタンダードローズ

1本の茎に大きな1輪が咲く薔薇です。
その花形は花弁が剣のようになることから剣弁咲きやカップ咲き、波のようにウエーブが入るフリル咲、ロゼット咲き等様々な薔薇があります。
咲き方一つ見ても大変個性的な花です。

スプレーローズ

「枝分かれ」の意味を持ち、1本の茎に数輪の花が咲くバラです。
品種にもよりますが、4〜10輪ほどの花をつけます。スタンダードより小ぶりですが、1本で沢山の花を楽しむことができます。

マイクロローズ

直径1㎝程度の小ぶりで可愛らしい薔薇です。大変珍しいバラで、一見バラには見えないですが、多くの花を咲かせるとてもかわいい薔薇です。
小スペースで飾る際やハーバリウムでも扱いやすく人気のバラです。