イングリッシュローズについて

 イングリッシュローズは、イギリスの育種家デビッド・オースチンによって開発されたモダンローズ(現代バラ)とオールドローズの長所を掛け合わせたバラの総称です。

 1900年代、世界でバラの育種開発が進む中、花持ち優先のモダンローズに矛盾を感じたイギリスでは、香りを主とするオールドローズの存在を失ってはいけないとモダンローズとオールドローズの融合を考えるようになったと言われています。
 その中で頭角を表したのが、デビッド・オースチンです。彼は1961年、双方の長所を生かしたバラを開発しました。イングリッシュローズの誕生です。彼はモダンローズの持つ花持ちやボリュームとオールドローズの持つ強い香りを持たせた新世代のバラを作り上げました。そのバラは、ガーデンローズとして世界中のバラ愛好家はもちろん、様々な人に愛され普及していきました。

 その後、2000年頃にガーデンローズを切花とした新たなスタイルの提案がなされていく事になります。花業界の流れの中に香りのバラへの注目が集まるようになり、婚礼需要を中心に、フェアビアンカやアンブリッジローズ・イヴピアッチェなどといった香りのバラが使われていくようになりました。この頃より、デビッド・オースチンもまた、より花持ちと香りを併せ持つ切花専用のイングリッシュローズの開発に情熱を注いでいきました。その結果として現在、日本国内では2名のみの生産となる切花専用イングリッシュローズが誕生したのです。

 イングリッシュローズの特徴としてその名前も少しユニークなところがあります。品種の名前には、シェイクスピアの劇題・登場人物の名前などが多く使われています。また、デビッド・オースチンの近親者の名前も多く使われています。イギリス王室にちなんだ名前も付けられています。デビッド・オースチンはその功績を称えられ、大英帝国勲章や、ヴィクトリア名誉勲章を受けています。
 
杉本バラ園はデビッドオースチン社とライセンス契約を締結しています

 杉本ばら園は、日本国内で2名しか存在しない「デビッド・オースチン社 イングリッシュローズ 生産契約農場」です。

杉本ばら園は、「デビッド・オースチン社 イングリッシュローズ 生産契約農場」です。


杉本ばら園のバラは、竜王町ふるさと納税「ふるさと交竜寄付」のギフトにもご提供させていただいています。

ご支援をいただきました皆様のお名前を掲載させていただいております。全国から沢山のご支援をありがとうございました!